2007年03月24日

小学校とのお別れ

昨日はマリの4年生最後の修了式、そして小学校とのお別れの日でした。
修了式を終えて最後の3限目に‘お別れ会’をして下さったそうです。
 
お迎えに行った時、担任の先生・・・
今日はお別れ会をしました。マリちゃんの好きなカルタをして遊びました。


そうですか。有難うございました。

担任・・・小さな声で
寂しくなります。。。
 

・・・・・・・・・・・・
じゃ、マリちゃん、先生にお別れの挨拶をするよ、とマリに言う。
 
マリ
さようならわーい(嬉しい顔)

担任
元気でがんばってね。


先生もお元気で・・・


そして特学のお迎えに来ているお母さん達と最後のお別れをしました。
ランチをする時は呼ぶから・・・と言ってくれるみんな



うん、呼んでね。絶対行くけんね〜

こうして車に乗り、先生達はいなかったが、お母さん達に見送られて家に帰りました車(セダン)
 
ではなかった!!
この後、転校手続きで養護学校に行きましたビル車(セダン)
教頭先生が対応して下さり、マリは大はしゃぎわーい(嬉しい顔)
この教頭先生も本当に人が良さそうな感じで好感度大グッド(上向き矢印)
 
用事を済ませて帰ろうとすると
 
マリ
あそぶ〜、かえらんちっ(怒った顔)(帰らない)と言う。そして1年の時のクラスの方に向かっていくマリ・・・
ちょっと懐かしいのかなぁ・・・
 
ユリもいたので
じゃあ、ユリちゃんと帰ります。マリちゃん、ばいば〜いと言うと
急いで走ってきました。
 

マリの始業式は4月5日です。スクールバスで通うことになっています。
早く慣れてくれるといいなぴかぴか(新しい)
posted by ユキコ at 01:29 | Comment(16) | TrackBack(0) | 小学校関連

2007年03月15日

校長室によばれて

昨日の朝、娘達を学校に送ってから
8時半に校長室に来るように言われてたので、行って来ました。
 
いつもの様子と何か違う校長先生・・・・
いつもは、関係のない話を笑いながら話し出すような先生なのだが
昨日は、いつになく神妙な面持ち・・・
 
校長
え〜、教育委員会の方が昨日見えられて、2時間ほど指導を受けました。親の心情をもっと考えて・・・という話でした。すみませんでした。



子供が障害を持っていると、昔から考えなくてもいいようなことまで考えたり、とても敏感な状態になっています。子供が何でもないと、そこまで考えないだろうっていうことも、深く考えてしまうのです・・・と何故か口から出てしまいました(^^;


校長
本当に大変申し訳ありませんでした。



ところで、担任の先生方へはどのように指導していただけるのですか?


校長
ええ、それは昨日、私の方からも話しましたが、今日またもう一度話す予定です。


私も何を話していいかわからず(^^;
担任の先生も、これからもっともっと頑張れば、きっと立派な先生になってくれると思います。
なんて、言ってしまいました。いや・・・決してそう思ってないわけではないが
担任の先生方のこれからの受け止め方もあるだろうし・・・

いや、でも・・・立派な先生になってくれることを祈りたい。前向きに考えなくては!




昨日はユリの卒業式の時に履いていく靴がなかったことに気付き、
午後から慌てて買いに行きました。
いつも学校に履いて行ってるスニーカーだと、卒業式のような服とは合わないし・・・
一昨日は私の靴を買いに行ったのに
その時どうしてユリの靴のことを考えなかったのか(-_-;)
はぁ〜・・・一度にいろんなことを考える能力が、
だんだん落ちてきてる気がします・・・。
今度、少し落ち着いたら、本当に脳を鍛えよう!
タグ:校長
posted by ユキコ at 00:39 | Comment(12) | TrackBack(0) | 小学校関連

2007年03月03日

やっと終わった

昨日は相談会が終わって、ホっとしたせいか
眠くて眠くて(+o+)
さっきまで、つらっと眠ってました・・・。もうこんな時間( ̄□ ̄;)!!

さて、相談会の内容ですが
今まで日記にいろいろと書いたことの、まとめみたいなります。

(1)2月に入って、担任でもない先生から、あのような話があったこと
(2)先生から、今、養護に行くのも、あと2年してから行くのもマリにとっては
変わらない、と言われたこと

(3)交流授業に参加させたくないのなら、いっそのこと養護に行った方が・・・と言われたこと。

上記の3点を言われたので、私が悩むようになったことを伝えました。
マリにとって、養護に行くことが本当にいいと思うのなら
もっと早い時期にどうして伝えてくれなかったのか・・・

ユリが養護に行くから、マリまでずるずると・・・というのは

マリの心を無視しているので許せないこと。

そして、いくら知的な障害があっても、私達と同じ感情を持つ人間
マリに転校の話をした時、しばらく「いや〜いや〜」と泣いて暴れたこと。

2年前、マリが養護から転校してきたのは、私のお迎えの都合だけで転校させたわけたわけではない。
当時の特学の先生が素晴らしい熱心な先生だったからだ、ということ。

今回、先生は悪気がなくて、私に言ったのかもしれないが、
悪気がなければいいというものではない気がする。
教師としてどうだろう?
このような先生には、きめ細かな指導がとても期待できそうにないのではないか?


校長先生は、どう考えても、考え方がおかしい・・・
話にならないんです・・・と伝えるふらふら
この校長の話をするのは本当に恥ずかしい・・・。


先生がもっと、子供中心に考えていれば
ユリが養護に行くからマリも・・・とは絶対に出なかった言葉なのではないのか?ということも伝えました。


他にも、今までのことを、できるだけ冷静に伝えました。
たくさんありすぎて、頭が回らなくて、うまく書けない・・・(-o-)

でももう、今までのことをあれこれ言うより、これからが大切・・・

教育委員会には先生達にしっかり指導していただきたい、とお願いしてきました(^^)
向こうからも、しっかり伝えたいと思います、という返事が(^^)
実際どこまで指導してもらえるのか、そこが問題なのですが・・・・
少なくとも今回、私の思いは伝わったようで、教育委員会の方が一瞬涙ぐむ場面も(^^;

さて、もう私は伝えたいことは全て伝えられたので、気分はスッキリしています。
これからはまた新たな気持ちで頑張りたいと思います。
今まで、皆さんに色々と心配していただき本当にありがとうございました。

posted by ユキコ at 03:01 | Comment(21) | TrackBack(0) | 小学校関連

2007年03月01日

就学相談は

マリの就学相談は3月2日!
この日はユリの12歳の誕生日でもありますexclamation
ユリの誕生日は大好きなケーキで祝ってあげたいけど
お祝いは3日にしようと思います。
ユリの出産の時のことを思い出します・・・。陣痛が来てから1日半・・・
陣痛促進剤を飲んでの苦しい出産でしたふらふら
 女の子とわかっていたので、出来るなら3月3日の、

ひな祭りの日が誕生日だったら素敵ぴかぴか(新しい)
なんて思っていたのです。


でも実際あの痛みを我慢して1日伸ばすなんてことは出来なかったな(^^;


話はマリの就学相談に戻りますが
やっとこの日がやって来たか・・・という感じです。
(詳しいことは私のHPの過去の日記にあります)
ユリの担任とは、気まずい雰囲気が続いてます。
連絡帳に、質問を書いていても、何の返事もなかったり
ますます不信感が・・・バッド(下向き矢印)
私が「お返事をお願いします」と言っても
「この前言ったことと同じだから書かなかった」という返事が返ってきたり・・・。

 

マリの担任には、
「話し合いの時にどうして担任である先生が参加されなかったのですか?」

と聞いたのですが


返ってきた返事は「あの日は子供がインフルエンザになってて早く帰ったんですよ」

ということだった!


それならそれで、先生の方から私にひと言でいいから話して欲しかった気がします。
少なくとも、私が尋ねなかったらマリの担任からは何も言ってこないのですから・・・
まぁ・・・とにかく後は教育委員会にしっかり伝えるだけです。
マリの為には私はこれで良かった気がしています。

posted by ユキコ at 00:25 | Comment(21) | TrackBack(0) | 小学校関連
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。